サラリーマン投資部長のブログ

投資を学び投資でセミリタイアを目指すブログです。

【全力投球】セミリタイアを目指す上で大切なこと

【実感】入金力これに尽きる

f:id:black567:20210204025816p:plain

高配当株式投資でセミリタイアを目指したい、しかも出来る限り最短で成し遂げたい!働きたくないと常日頃から思っているので、如何にして沢山の配当金を受け取れるかが勝負所。

つまり沢山の高配当株式等を保有することで私の人生は決まります。

 

自身に稼ぐ能力がなくても、配当金としてお金が入ってくる事実。

優秀な企業で働く人、優秀な経営者が利益を稼いでくれるので、それを受け取る側になってしまえば自身に特殊能力が無くても全然OKという感じです。

楽して稼ぐというより、より多くのお金を効率よく生み出してくれる感じです。

 

そうなるために、毎月の【入金力】これが全てで、沢山の株式を保有したいので常に全力投球で挑む必要があります。

なので、毎月決めた入金額の達成は必須科目、ここだけは未達NGの強い気持ちが入っています。

地味っ子投資家の2020年入金額

給与と賞与の大半をぶち込んだ2020年の入金額は・・・

3,931,217円でした。(国内NISAの配当金含む)
更にこの金額に特定口座の配当金(米国+日本)の約66万円が加わります。

地味な作業だけど結構頑張った・・・投資の源は大胆に挑みます。

 

配当金を含めた2020年の投資額は約460万円でした。

2021年の【入金力】は維持、もしくは若干の増加を目指しており、配当金が増えた分だけ投資額は増加になる予定です!!

f:id:black567:20210209153541p:plain

年間入金力の目安は金融資産の平均値

セミリタイアを最短で目指すにあたり、投資元本となる入金力の目安は同世代の平均金融資産保有額を一つの目安としています。

平均を知った上で、平均を遥かに超える水準の維持を続ける事で最速達成できる、そんな単純な発想からです。

 

なので同世代が保有する資産を1年で稼げなければ、最速セミリタイアを目指すことは無理といってもいいでしょう。

ここは結構妥協なく強気の設定を立てています。

f:id:black567:20210209160730p:plain

ただし、普通の地味サラリーマンである・・・

 仕事は若干の特殊作業を含んでいますが・・・至って地味なサラリーマンであります。

2020年の入金額は、ほとんど本業のサラリーマンで稼いだ額なのでサラリーマンの収入の安定感と言ったら本当にありがたいの一言ですし、将来の計画が非常に立て易いですね。

 

もちろん、普通に生活できる資金は除いてありますし、どちらかというと、忙しくてお金を使う時間が無いと言ったほうが正しいかもしれません。

 

約3年半ほど毎月決めた入金額を維持してきましたが・・・配当金が増加するごとに資金的な余裕が出始めてきた、良い状況になってきている実感があります。

 

入金力はストイックに決め、利回りで調整し、ゆとりを確保・・・そんな感じでセミリタイアを楽しく目指しています。