サラリーマン投資部長のブログ

投資を学び投資でセミリタイアを目指すブログです。

インフラファンドの決算月と分配金推移

インフラファンド7社の決算月

f:id:black567:20210206134213p:plain

上場数は7社です。

全ての銘柄で5%以上の利回りはありますが、基本的に実績が乏しいため分配金の推移がどのように推移するのか未知数なところはあります。

また、年一回の決算銘柄が2つあります。

分配金振り込みも年一回なので、何かしらのリスク要因があった場合に減配リスクが高まる可能性があります。なので、年2回分配銘柄が好みですね。

f:id:black567:20210206140021p:plain

各社のパネル出力

以外にもエネクス・インフラ投資法人が一番のパネル出力を誇ります。

取得物件数は7件と少ないですが、大規模ソーラーの割合が多いからですね。

パネル出力は資金の源なので100MW以下の銘柄はちょっと不安だと個人的には感じますね。

f:id:black567:20210206141017p:plain

分配金の推移

【8286】エネクス・インフラ投資法

分配金実績は1回のみ、年1回決算です。

正直、年2回の分配金があれば投資対象になりそうな銘柄です。         

f:id:black567:20210206142207p:plain※決算資料より抽出 

【9281】タカラレーベン・インフラ投資法人

インフラファンドの中で一番分配金実績あり。

分配金は年2回、分配金額は3,500円くらいで安定している印象です。

f:id:black567:20210206145225p:plain

※決算資料より抽出

【9284】カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人

インフラファンドの中ではそれなりの分配金実績あり。

分配金は年2回、分配金額は3,700円でインフラファンドの中では断トツで安定した分配金を出しています。

f:id:black567:20210206145623p:plain

※決算資料より抽出

【9283】日本再生可能エネルギーインフラ投資法人

インフラファンドの中ではカナディアン・ソーラーと同等の分配金実績あり。

分配金は年2回、分配金額は3,200円で安定しています。

f:id:black567:20210206150112p:plain

※決算資料より抽出

 

【9287】ジャパン・インフラファンド投資法人

分配金実績は2回のみです。

分配金は年2回、今後の分配金推移がどの程度になるか、3,000円を超えて安定してくると投資対象になりそうです。

f:id:black567:20210206150456p:plain

※決算資料より抽出 

【9285】東京インフラ・エネルギー投資法人

分配金実績を見てみると、ちょっと微妙な感じです。

分配金は年2回、一口当たりの分配金は半分になったりと非常に不安定です。

また利益超過分配金も高く不安な感じが漂っています。

f:id:black567:20210206151055p:plain

※決算資料より抽出 

【9282】いちごグリーンインフラ投資法人

分配金実績はあり。

分配金は年1回、分配金額は3,800円くらいで安定していますが、利益超過分配金が半分以上を占めているのが気になるところです。

f:id:black567:20210206151933p:plain

※決算資料より抽出

保有するならこの3社でOKかな

【9281】タカラレーベン・インフラ投資法人

【9284】カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人

【9283】日本再生可能エネルギーインフラ投資法人

 

上記3社のパネル出力は100MW以上あり、分配実績と金額も安定しています。

また、超過利益分配金も少なく純粋に太陽光の稼ぎから投資家へ還元できています。

この3社は決算月も分かれており、分配金を均等に受け取りたい場合には最適です。

 

分配金は安定しており、株価も上昇傾向にありますが、2033年以降から固定電力買取制度が終了する物件が出始めるため、あくまでもメインの投資対象ではなく、サブで数口保有したい、そんな投資対象です。