サラリーマン投資部長のブログ

投資を学び投資でセミリタイアを目指すブログです。

J-REITで毎月分配金生活

J-REITで毎月分配金を貰う

f:id:black567:20210206031105p:plain

比較的安定した分配金とまだまだ高利回りのJ-REIT。

株式に比べ、決済月が分散されているため比較的簡単に毎月分配金を貰うことができることが可能です。

銘柄の選定条件

①利回り4%以上の銘柄

②収益物件はこだわらない。

③財務状況や投資方針はこだわらない。

なお、ホテル系リートは分配金低下により対象外、ロジ系リートは株価堅調で分配金利回り低下によりランク外が多いです。

1月と7月決済月の銘柄

分配金支払い月は4月と10月。

利回り4.5%~5%以上の銘柄が多く、株価的にも買いやすい銘柄が多いのが特徴です。

個人的には【3455】ヘルスケア&メディカル投資法人が気になっています。

病院や老人ホームを収益物件としている点が面白いです。

f:id:black567:20210206033057p:plain

2月と8月決済月の銘柄

分配金支払い月は5月と11月。

2月と8月決済銘柄も利回りが高く10万円あれば買える銘柄が多いです。

【3492】タカラレーベン不動産、【3488】ザイマックス・リートは利回りも高く、株価的にも買いやすい銘柄です。

タカラレーベン不動さんは10口保有でヤマダ電機の優待券が年2回貰うことができるので結構魅力があります。(本業の優待制度を改悪しているので注意)

f:id:black567:20210206033526p:plain

3月と9月決済月の銘柄

分配金支払い月は6月と12月。

3月、9月決済月の銘柄は非常に少ないです。

株式だとこの月が決済月にあたるため、この月はあえて購入しなくても良いかも。

購入するなら【3453】ケネディクス商業リートですが、株価がちょっとお高いですね。

f:id:black567:20210206033633p:plain

4月と10月決済月の銘柄

分配金支払い月は7月と1月。

4月、10月の決済銘柄は利回りも高く株価的にも買いやすい銘柄が多いです。

【3451】トーセイ・リートは利回りは高い反面、関東一極集中型のポートフォリオなので不安要素があるので、あくまで分散です。

f:id:black567:20210206033740p:plain

5月と11月決済月の銘柄

分配金支払い月は8月と2月。

5月と11月の決済銘柄は少ないですし、利回りも低下傾向にある銘柄が多いです。

f:id:black567:20210206033830p:plain

6月と12月決済月の銘柄

分配金支払い月は9月と3月。

6月と12月決済銘柄は株価が高い銘柄が多く、利回りも物足りない感じがあります。

【3470】マリモ地方創生リートは投資対象が地方7割なので将来的な収益性がどの程度になるか未知数ですが、真逆な投資方針が面白いところです。

【3487】はロジ系リートで利回りも4%以上あるので結構気になっている銘柄です。

f:id:black567:20210206040104p:plain

毎月分配金ポートフォリオを組んでみた

あくまでも利回りと購入株価を重視した結果、以下の通りになりました。

f:id:black567:20210206051008p:plain

ちなみに、この銘柄を1口ずつ購入すると160万円必要とします。

また、平均利回りは5.3%で税引後でも4.2%もあるのでかなりの高利回りです。

 

一般NISA枠の120万円をうまく利用し平均利回り5.3%だった場合、年間6万3600円の分配金を獲得できます。それを5年続けると・・・年間32万円の不労所得を獲得することも可能になってきます。

 

今回は、あくまでも利回りと購入株価重視の適当な銘柄選定ですが、各法人の運用戦略やポートフォリオ構成を見極めた上で投資することが重要です。

 

次回は太陽光インフラファンドの決算月を調べてみます~