サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

食生活変えてみた

f:id:black567:20200224230424p:plain

現在の食生活は鍋ばかり(野菜大量)

今も変わらず一日二食の生活ですが、晩御飯は鍋物一択の食事に変えてみました。

理由は野菜中心の生活にすることでどのような【メリット】【デメリット】があるか検証したかったからです。

鍋物にした理由は下記の4つ

①野菜を大量に摂取できる。

②献立を考える必要が無い。

③料理の手間が掛からない。

④洗い物が減少する。

野菜を美味しく頂けて、料理の手間を掛けない、この時期は鍋物しかないという結論に至りました。もちろん日によって味や具材を変えることで飽きないようにしています。

野菜中心の食事メリット

①食物繊維大量摂取により、便秘の改善。

②肌が綺麗になる。

③空腹感が無くなる。

まず、一日二食ガッツリ食べているため、体重の変化は今のところありませんが、

確実に便秘解消になります。

大量の食物繊維効果によりトイレに行く回数が劇的に増えました。

次に腸内環境改善とビタミン摂取により肌質が変化します。

オイリー肌から正常な肌に変化する位の変わりようでちょっと驚きです。

最後に空腹感が無くなります。

最初の一週間は消化が早く空腹感を感じていましたが、それ以降は血糖値の変動等の効果により空腹感で苦しむことが無くなりました。

野菜中心の食事デメリット

①管理の手間と買い物の回数が増える。

②食費が若干上がる

③タンパク質低下の可能性がある。

まず、野菜は冷蔵庫に入れておいても日持ちが出来ないため、冷蔵庫内の野菜管理と定期的な買い物が必要となります。私の場合は3日に1回のペースになっています。

一回の買い物でカゴいっぱいの野菜を買いますが3日で無くなるため相当の野菜を食べている事が分かります。

そして、頻繁な買い物と大量の野菜を毎度購入するため食費が確実に上がります。

どの位上がったかと言うと月1万円位です

(月の食費代が3万円位になっています。)

ただし、コンビニの間食やサプリメントの断捨離で月5千円~7千円程減少を見込んで切るため、そこまで大きな出費には至っていません。

最後はタンパク質低下の問題です。

鍋物の良いところは豆腐、肉、魚を入れる事でさらにおいしくいただける事です。

これでタンパク質の低下を防ぐ事が出来ますし+プロテインで不足分を補っています。

続けることが苦じゃないというか楽しい

野菜中心生活に変えた事で少なからず体に良い変化が出始めます。

私の場合はトイレの回数が増えた事、肌が綺麗になる事、無駄な感触が減った事。

本来体に悪かろう食べ物を食べなくなった事が大きいのかもしれませんが、変化に気づくことで継続が楽しくなってきます。

晩御飯は全て鍋物ですが全く飽きが無く、むしろ待ち遠しいくらいに感じます。

最終的には一日一食を目指したいと思います。