サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

【逆張り投資】月間下落セクターを確認する

1月下セクター別下落率

f:id:black567:20200205231253p:plain

過去一カ月の下落率トップがエネルギーで素材、ヘルスケア、資本財・サービスと続きました。特にエネルギーセクターは二桁を超える下落率となっており原油先物相場の低迷により苦戦が続いています。

また、過去1年を見ても2019年の相場は絶好調だったにも関わらず、エネルギーセクターのみマイナスとなっています。

【XOM、BP、RDS.Bの1年チャート】

f:id:black567:20200205232853p:plain

青=XOM 黄色=BP 赤=RDS.B

2019年からの下落基調は変わらず、2020年に入り最安値を更新し続ける展開となっています。原因は原油相場の低迷による業績悪化とESG投資の浸透です。

チャートを見ているとかなり悲惨相場となっていますが、このような場面で勝負することで投資効率をより高めていきたいです。

高配当株長期保有なら逆張り投資で良い

f:id:black567:20200205185815p:plain

高配当長期保有投資は多くの配当金を得るために保有株式枚数がとても重要です。つまり株価が安い時に多くの買付が出来れば非常に効率の良い投資と成り得るのであえて相場が下落局面で勝負する【逆張り】スタイルが私の好む投資スタイルです。

 

現状は石油メジャー3社の株価下落により配当利回りも高水準となっているため、2020年は石油メジャー3社の動向に注目です。

【配当利回り】

XOM 5.7% 

BP 7%

RDS.B 7.2%

但し、過度な一括投資はリスクを伴いますのであくまで分散投資が前提となります。

XOMやRDS.Bは減配を50年以上していませんが、原油相場の低迷が今後も続くようであれば減配となる可能性があることは注意が必要です。

 

1月の大幅な下落によりXOMとRDS.Bを買い付けしましたが、今後も株価低迷が続くと思われるのでタイミングを見て追加の買付を行いたいと思います。