サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

節約の鬼、更に支出を減らします。

f:id:black567:20200114092559p:plain

節約は必須条件

節約はセミリタイアをする前した後で必ず必要となる条件です。

セミリタイア前では節約することでより多くの資金を確保して投資へ注ぎ込みます。

投資資金が大きければ得られるリターンも大きい為、資金を生み出す「節約」は強い武器となります。

また、セミリタイアした後は生活資金を減らさない為の「節約」により安定したセミリタイア生活に必要不可欠な要素とあるでしょう。

低コストな生活が出来れば生涯必要資金も低下するため、比較的若い年齢からセミリタイアを実施できる可能性もあります。

 

どちらにせよ、節約体質を身につけておくことは今後の生活で利点となることが多いため節約力は磨き上げる必要があります。

 

2019年12月の支出を確認

f:id:black567:20200114092612p:plain

 12月トータル支出は59,300円となりました。

40,000円台で生活することを心がけているので12月はかなりオーバーしています。

原因は「食費」で29,000円と全体の5割となっていますが、年末多忙で自炊する回数が減り総菜等の簡単で単価の高いもので済ませたので金額が予想以上となりました。

普段の食費は月20,000円内で収まるので特に問題はないでしょう。

また、「趣味」としてAmazonプライムの年間費4,900円が掛かったのも要因となっています。

支払いは全て電子決済、クレジットカード

支払いは全て楽天カードを経由した電子決済のクイックペイやクレジット決済なので楽天カードの支払い明細で確認できます。

また、楽天カード決済は楽天ポイントが付与されるため、支払い全てを楽天カード経由することで結構ポイントを貯めることができ、貯めたポイントは積み立て投資に利用しています。

利用できるお店は限られますが、ドン・キホーテ、薬局、コンビニ、通販は全店電子決済やクレジットが利用できるため、現状さほど問題なく過ごせています。

また、財布を持たないことでATMを利用することが無くなり、無駄な時間と手数料の節約となっているのも大きな利点となっています。

家賃、光熱費、ガソリン等は会社負担

出費が50,000円台と異常な程低い理由が家賃、光熱費、ガソリン代等が会社負担でゼロコストで済んでいるからです。

節約の基本は固定費の削減です。

一度下げれば翌月以降何もせずにコストを減らすことが可能となり、ここを削る努力が節約の近道となります。

私の場合生活コストを下げる事と収入増加のために現在の会社に在籍しており、多少のブラック臭が漂っていても定年まで働かないのでさほど気になりません。

目標の為なら会社をとことん利用し自分に有利な状況を作り出すことが大切です。

セミリタイアは射程圏内

前職の時は一月の生活費(社会保障込み)で約12万円でした。

なので年間144万以上の収入があれば生活できる計算です。

【想定例】

年間配当100万円+新聞配達アルバイト(1日1.5時間程度)

この場合、新聞配達アルバイトで年間44万以上稼がなくてはいけませんが、少なくとも朝刊配達で年間60万~80万は稼げますし、代配と呼ばれる複数の区域を配達できるようになると90万~100万は稼げるようになります。

 

私は一回配達すれば配達順路を覚えられるので、新聞配達アルバイトでのセミリタイアは非常に相性が良さそうです。

この想定ですと、あと2年がっつり働けばセミリタイアが可能となるとなります。

配当金+趣味特技で稼ぐことにより、意外と早くセミリタイアできるかもしれません。