サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

【配当金と給与】収入の増加率を比較してみた結果・・・

f:id:black567:20200113071859p:plain

数値で見ると驚きの結果に

2019年の源泉徴収票を受取ったので、昨年対比で給与と配当金の伸び率を比較してみました。(給与所得はあくまで本業のみ)

f:id:black567:20200113072441p:plain

給与の2.5%上昇率の内訳は年次昇給0.8%で残りの1.7%は賞与と昇給額となります。

一応給与所得は上昇しているので良しとします、サラリーマンの給与は安定性を重視しているため下がる事が無けれ御の字でしょうか。

 

配当金の上昇率は64.3%と驚異的ではありますが、2019年は約500万を高配当株へ投資した結果、大幅な数値となりました。

努力と継続で成果となるのが投資、給与は努力以上に上がらないこと

増配、再配当、給与からの資金投下でコツコツ積み重ねる事で年間投資て見ると努力の成果がはっきりと表れます。

①収入源を増やす(副業する)

②節約する

③投資へ資金投下

④配当金は再配当

上記4つを意識的に継続することにより、必ず成果は現れてきます。そして成果が見えてくると楽しくなってより努力することが出来るようになります。

 

サラリーマンはどうでしょうか。

①新たな仕事を覚える

②売り上げを伸ばす

③昇進し責任が増し部下を率いる

④残業、休日出勤、休み無し

上記4つは私の場合ですが、大抵のサラリーマンに当てはまると思います。

努力の継続は投資以上にしており、更に責任が増しています。

上からの指示、従業員やお客様からの要望を聞き日々の積み重ねによって成長していますが、給与の伸び率はたったの2.5%となっています。

サラリーマンの給与は努力以上に上がらない事が分かります。

投資は全力、サラリーマンは今まで通り

2020年の投資は更に力を入れたいです。

昨年、副業を辞めてしまったため、今年からは節約により力を入れて資金を捻出したいと思います。投資金額増加により飛躍的に配当金が伸びるため、とにかく投資に集中することを念頭に置きたいです。

 

そして、サラリーマンは現状維持の方針です。

定年まで働く訳ではなく、昇進や評価を勝ち取るために必要以上の努力は対価に見合わないため現状維持がベストな選択となります。(私の職場の場合)

むしろ、労働時間の削減、休暇の確保を念頭に置いて仕事をしたいと思います。

 

投資とサラリーマン労働は逆の発想で2020年は乗り越えたいと思います。