サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

累計受取配当額5000ドル突破、投資の重要性を実感すると共に周りを見ることが勉強になる

f:id:black567:20190801192425p:plain

外国株投資を始めて2年目で配当額5000ドル突破

2018年の1月から外国株投資をスタート。4月に最初の配当金を受取り、2019年11月に受取配当額(税抜後)5000ドルを突破しました!!

日本円で54万円(1ドル108円計算)を配当金で獲得し、なんら手間をかける事もなく、毎月コツコツと給料から投資へ資金を移行した結果ある程度の不労所得へ変貌しました。

ある程度の集中投資した結果により2年かからずにここまで来れた感じですね。

 

このペースを続けるとが出来れば2年後には10000ドルの大台も確実に突破できそうですし、配当金は計算がしやすいため目標が定めやすく、コツコツ投資を好みとする私の投資スタイルに合っています。

f:id:black567:20191108005327p:plain

2020年は年間受取配当額5000ドルは突破出来る予定

2019年はギリギリ年間受取配当額5000ドルの大台を突破出来ないですが、2020年には大幅な減配、無配銘柄が無ければ確実に突破し更なる配当額の積み重ねが可能となる1年でしょう。

  1. 毎月の給料から株購入
  2. 配当金の再配当
  3. 増配により配当額UP
  4. 株価下落局面で追加投資する

この4種の流れにより受取配当額にブーストを掛け早期大台の10000ドルをまずは目指すことに注力したいと思います。

NISAの非課税投資枠が2023年で終了と配当課税増加懸念等いろいろ不安要素は万歳ではあり、一時的に不労所得が減少する年があることも想定とし、とにかくコツコツ焦らず投資を続けることが大事です。

給料増加、配当額増加と成長をし続ける事が大事

サラリーマン給料も定期昇給と役職が上がり毎年コツコツと増加。

配当額の増加率はサラリーマン給料以上の上昇率で増加と個人能力は度外視しても成長し続ける事が重要です。人生において後退はNGで給料の減給などで困っている場合は副業で補い、常に年収増加が基本ベースとなる考えで行動することで自身を豊かに保つことが大事です。

 

そして稼いだお金は投資、自己投資で更なる年収増加につなげる事が大事です。

消費で終わらせる行為は一時的な快楽をもたらしますが、長期的に見ると年収増加率の伸びしろを失っているため、いずれはマイナス成長になる可能性もあるため良い判断ではないでしょう。

投資は定番のコツコツ投資、サラリーマン人生は人とは違う逆張り設定

私の周りで投資をしている人間は全くいません。

むしろ、お小遣いの範囲でどのように消費をコントロールするかを考えている人ばかりです。NISA制度、イデコ、ふるさと納税など恩恵を受けられる制度を利用していないのが現状ですし、住宅ローン減税を知らない先輩もいます。

 

私以外の兄弟は全員結婚しており、ダブルインカムで世帯年収最強だと思いきや、出産や住宅購入などの出費でカツカツの生活なのを目の当たりにしています。

 

www.toushibu.jp

 人それぞれ幸せの基準は違いますが、私の場合は周りの人間とは逆張り設定で進んだ方が幸せになれると感じています。

資金的なゆとりが無いと幸せを感じ取れない性分であり、結果的にお金を第一と考えてしまう事が多いのも事実ですが、周りと一緒の事をしていても同じような成長速度で終えるため楽しくはありません。

結果を何かしらの数値で表す事、それはお金が一番分かりやすい事

幸せ=お金?投資をガッツリ始めてからは資本主義が第一と考えてしまうようになってきてますね。

 

投資はコツコツ、人生は逆張りセミリタイア思考で一度の人生を楽しむが勝ち。