サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

NISA口座保有株の状況【米国株と日本株の比較】

NISA口座の米国保有株一覧

f:id:black567:20190914004027p:plain

6銘柄の保有となり、金額にして約150万程になります。

ABBV以外に関しては特に問題もなく堅調に推移しています。ABBVに関しては購入からすぐにアラガン買収が発表され大きく下がる結果となってしまいました。

 

しかし、現在の損益合計でみると10万位のプラスを維持しており、ここからさらに今まで受取ってきた配当金が上乗せされるのでそこまで悪い状態ではないと思いますし、米国株だからこその結果でもあります。

 

市場の状況によって株価なんてものは変動しますし、一喜一憂しても仕方ない部分でもありますが、一応プラスで推移しているとやっぱり気分的に嬉しいものです。

 

恐怖のNISA口座の日本株一覧

f:id:black567:20190914180936p:plain

はい、日本株の保有状況ですが、全部マイナス、しかもそこそこの下落率を記録してます。全銘柄・・・マイナス20万位の含み損、日本株保有を躊躇する理由がコレなんです。

米国株と保有しているセクターが違うこともあるでしょうが、日本株に関しては購入するタイミングが一番大事になります。

 

私のように高値圏で掴んでしまい下げ始めたら最後、ひたすら含み損を抱える状態となってしまいます。なので一般NISA口座で日本株を保有する場合はキャピタルゲインの勝ち逃げが最良の選択だと言えるでしょう。

 

NISAは長期で保有して株価上昇のキャピタルと配当金などのインカムゲインで得た利益に対して税金が掛からないシステムなので、日本株のように一度下げたら戻りにくい株をNISAで保有することは投資効率としてはあまり最良ではないと、この経験から学びました。

日本株の損失を埋める米国株と配当金の威力

f:id:black567:20190914182434p:plain

現在の評価額だけで見るとギリギリの含み益となっています。

日本株はもうダメっぽいけど、配当金で微々たる損失の穴埋めという状態にあります。最近の米国市場の強い堅調さと積み重なる配当金により現在の結果になっています。

 

恐らく一般NISA口座で含み益を出し続けることが非常に難しいことがわかり ますし、積み立てNISAで細かく長期的に投資を継続するほうが含み益拡大に繋がると言えるでしょう。

ただし、日本株ではなく、米国株で運用することが必須であります。

 

NISAは税制面での優遇処置は非常に優れておりますが、優遇期限が決められている以上その間に含み益を叩き出さなければ意味を成しません。

一般NISAは勝ち逃げ。

積み立てNISAは米国株ETFが最良の選択ではないでしょうか。