サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

NISA恒久化に向けて動き出す。

金融庁の2020年度税制改正要望の内容にNISAの恒久化を上げていることが分かりました。

年金2000万不足と試算した金融審議会の報告書で問題となり、資産形成の自助努力が求められることになり、金融庁も投資による税制優遇制度に力を入れています。

 

金融庁の要望事項に「家計の安定的な資産形成を継続的に後押しする観点から、NISAの恒久化を要望する」と書いてあります。

 

NISA制度の恒久化

【NISA現行制度】

f:id:black567:20190824013501p:plain

NISA(一般・積み立て・ジュニア)の恒久化処置の要望。

積み立てNISAは年間40万×20年の現行制度については制度期限が37年末までとなっており、開始時期が遅れるごとに20年の満期まで積み立て出来ないのが現状です。つまり投資開始時期が遅れるごとに最大800万円の投資枠が減少していきます。

それを廃止するための恒久化要望となっています。

 

一般NISAは23年末に期限を迎え、年間120万×5年間の最大600万円の投資枠が非課税となる現行の制度を恒久化処置要望となっています。

また、一般NISAの制度の利便性改善も要望案に取り組まれており、海外勤務等でもNISA口座の使用が出来るようにすることや、NISAの利用年齢の引き下げの検討も行うようです。

 

資産形成においてNISAは万能ではない。

NISAは損益通算や3年間の損失繰越が出来きません。なので一般NISAは5年間、積み立てNISAは20年間の間に利益確定する必要があります。

積み立てNISAは長期保有が前提のため、勝率を上げる事ができますが、一般NISAは5年の間に利益確定し、非課税の恩恵を最大限まで受けることが出来ます。

 

ただ、含み損を抱えると状況が変わってきます。私もNISA枠でいくつかの株を保有していますが、特に日本株は厳しく、残りの数年で含み益に変わることは不可能なくらい大損しています。

 

要は、買い付けタイミングと銘柄選択に失敗するとNISAの利点が無くなるという所です。なのでNISAの恒久化は投資先に失敗した投資家に対しての救済処置にもなるのです。

積み立てNISAは個別株を購入することが出来ず、個別株が好きな私は一般NISAしか選択肢がありません。ただし、アメリカ株のNISA枠では高配当銘柄の保有とあって現在は若干の含み益で推移しています。

 

大きな下落が無く、多少下がっても財務の健全な企業であればいずれ株価は回復しきますのでこれが日本株とアメリカ株の違いになり、NISA枠はアメリカ株一本に絞り運用することで将来の勝率を上げることが出来ると感じています。

 

非課税のNISAは投資において万能みたいな扱いですが、あくまで投資は自己責任であり、老後の資産形成が必ずしも投資で作れる保証もありません。

でも投資はやったほうが絶対良いですし、政府も自助努力が必要であると明言していることを考えると税制優遇制度をうまく利用するの当然な事として、投資についての勉強や経験が今まで以上に必要とされます。

 

NISA口座数は30年3月時点で1168万口座となっており、人口の1割が口座を保有している状態となっています。

買い付け金額は13.9兆円で、国民の金融資産が1500兆円と言われていますので、大した規模でないことが分かりますし、NISAの非課税枠の増加をしないことにはNISAの認知度、優遇制度など優れた点の理解がされないと思います。

 

NISAの投資額増加は含まれず

今回の金融庁の要望案にはNISAの投資額増加は含まれておらず、投資額としては現行のままとなるようです。個人的には投資額の増加案も入れてほしいところです。なぜなら非課税枠の上限設定が低すぎるため本気で資産形成を行う上では少し物足りない額だと感じます。

 

現行制度の2倍の投資枠、一般NISA240万、積み立てNISA80万位でないと制度の良さを伝えられないと思います。もちろん上限投資枠を全て利用するかは個人の運用額や投資スタイルによって変わると思います。

 

いずれにせよ、金融庁の本気度によって私の投資からの取り分が変わってきますので是非とも大胆な政策案を提出して頂きたいと思います。