サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

8月の株式ポートフォリオ

資産比率表

f:id:black567:20190822181517p:plain

米国株式がメインとなっておりポートフォリオ全体の96.15%を占めております。

米国株の株価安定性が身に染みて良くわかり、それ以降は米国株中心となっています。

 

日本株は保有タイミングが凄く重要であり高値掴みをしてしまった場合殆ど含み損を抱える可能性が高いです。私の保有している日本株は全てにおいて下落一方であり、配当金を貰い続けていても含み損をカバー出来ない状態となっています。

 

長期保有目的の場合でも日本株は買い付けタイミングが重要。

米国株はそこまでは重要ではなく、いずれ反発する可能性が高く、増配による配当金増加の効果が高いため長期保有に適した市場だと思います。(ただし、タバコ銘柄を除く)

 

銘柄構成比率

f:id:black567:20190822181536p:plain

タバコ銘柄の株価値下がりにより保有比率が下がっていますが半数近くある状態です。

8月はABBVの買い増しを行い結果として8.84%まで比率が上がりました。ABBVはアラガンの買収以降かなり値下がりしており配当利回り6.5%を超えています。ここが買い付けタイミングと見て買い増しを行いました。

 

8月に新規でインドの会社、インフォシス・テクノロジーズ【INFY】がポートフォリオに加わりました。また、BP株の追加購入も行っています。

 

9月の買い付け銘柄は石油メージャーのロイヤルダッチシェル、エクソンモービルを予定しています。エクソンモービルは配当利回り5%を超えており最有力候補であります。連続増配年数は36年となっており、配当性向も75%と余力があり長期で保有したい銘柄です。

 

あと何気に気になっているのが日本株のJTですね。下落の一方を辿り配当利回りは7%を目指すところまで来ています。さすがに下げ止まるんじゃないかと思いますし、高い収益性と連続増配銘柄でもある点から買い付けしても良いかなと感じています。

 

9月に入り次第、適切な銘柄に資金を投入しようと思います。