サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

副業が当たり前の時代になるのかな?

f:id:black567:20190616195501p:plain

日経新聞の記事に副業したい割合数についての書かれていましたので紹介します。

人材サービスのエンジャパンの調査によりますと、35歳以上で68%の人がなんらかの副業をやってみたいという結果が出たそうです。

 

ただし、実際に副業を行っている割合は24%まで落ちます。やらない、やれない理由としては以下の事が原因となっています。

・会社が禁止している。 50%

・副業の始め方がよくわからない。 39%

・忙しくて時間が無い。 33%

 

私の意見では、やれない理由を述べている時点で実際取り組む意思がないと思っています。会社の就業規則で副業を禁止していても確定申告で住民税を個人で支払うようにすることで税務的な面から会社にバレることは限りなく無くなります。

 

バレる一番の原因は会社内で自ら喋ってしまうことが大抵の原因となります。本業と副業を割り切ってお金を稼ぐという目的の為に働けば問題ありません。憲法でも職業選択の自由が保障されています。

最悪本業がクビになる可能性は無いとは言えませんが、収入源の複線化はとても重要です。本業の給与が今後も継続的に続く保証もなく今は個人で稼ぐ時代、収入の1本化こそ長期的に見てリスクなのでまずは何か始めてみることをお勧めします。

 

副業の働き方が分からない方は求人サイトや求人チラシなどを見てみましょう。

仕事はいくらでもありますし、企業側も人手不足によりある程度の時間の融通を聞いてくれることが当たり前となりつつあります。私の会社でも時間と休日の融通をしなければ人材が集まらないことで個人的にすごく体感しています。

 

空き時間を利用し時短で働く事、これだけで月4万、5万は稼ぐ事ができます。

副業で得た賃金、節約生活、そして長期目線で資金運用を行うことで10年、20年後には何もしていない人とかなりの資金格差が生まれると断言できますし、自分の意志で変えることは可能です。まずは簡単な副業を始めてみる、お金に対してより価値を見出せれば勝ちです、マインドが変われば働く意欲が変わります。