サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

アルトリア【MO】から配当受取、J&J経過と相場感。

f:id:black567:20190618011029p:plain

株価低迷中のタバコ株だけど配当金額は変わらずで。アルトリア【MO】から配当金を受取りました。💵

一株当たり0.8$で290株保有しているので税引後166.41$になりました。現在のレートで円に換算すると18,000円程になり、現在副業で行っているアルバイト9日分相当の金額となり働かずとも入ってくる配当金の威力を改めて強く感じました。

 

コツコツと毎月株式を購入することにより年々受け取る配当金額が必ず増え、今では月にアルバイトで稼ぐ以上の金額となってきました。今月はPMからも配当金が入るため楽しみです。

 

J&Jと相場の感想

J&Jをスイングトレード目的で購入してから3日過ぎ、現在-3%程で推移しています。

第2四半期決算が発表され純利益が56億1000万ドルと前年同期の39億5000万ドルから増加し売上高は205億6000万ドルとなり、長期で保有するには優秀な経営ですが、スイングトレード目的としてはインパクトに欠ける結果となりました。

まだまだ様子見もしくは長期で保有のどちらかです。

 

利益率の高さに驚きですが、アメリカ企業はこれが標準なんでしょうか、日本企業でこれ位の利益率を誇る企業は数少ないと思います。

 

さて、今月末にはFOMの政策金利発表が待ち構えていますが、市場の予想では100%の利下げとなっており、利下げの幅が0.25%か0.5%のどちらか?になっている模様です。

ダウ、S&P500とも既に利下げを織り込んでおり株価高値更新しています。万が一、利下げ無しとなった場合そこそこの下落しそうな感じ。

 

昨年の10月~12月にかけFOMの政策金利発表でかなりの暴落をしたのは記憶に新しく、世界経済の衰退より政策金利次第で株価の上下動が激しく行われそうで、一旦下落したとしても経済自体に問題がなければ株価も戻ると思いますので、その時は買場到来ということでしょう。

 

株価自体の上値は重そうであり、とりあえず材料出尽くしで一旦は下落という方向で考えておりますがどうなるでしょうか。

 

イングランド銀行が政策金利引き下げを行う可能性があるとし、ポンドが下落しておりイギリス株が軟調となっています。特にBPが良く下がっており、利回り6%超えてきましたので配当金が入金されたら購入しようともいます。

 

楽天証券でもアメリカ株購入手数料の改定が22日から始まり、手数料負けすることが無くなりましたので、心おきなく売買することができそう。