サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

ふるさと納税返礼品のお米が届いた。

楽天サイト経由でのふるさと納税を利用し、まずは1万円を納税してお米10キロを返礼品として頂きました。負担金2000円はポイントを利用することで実質タダでお米を毎年貰い食費を削減すると共にスーパーでお米を買わずに済むため無駄な労力削減にも大いに役立っています。

 

今年6月から総務省の規制見直しが入り返礼品の還元率を3割までとし去年までの高額な返礼品と自治体と無関係な商品(ギフトカード等)は認められなくなりました。

ただ、ふるさと納税自体のお得なシステムはまだまだ健在であり、利用しない手はないと思います。

 

節税や節約を意識することで生活が豊かになる。

 

今の時代、正社員であれば給与は少しずつ昇給するでしょうが、10月からの消費増税10%、社会保障など負担する税が大きくなり実際の手取り額は大きく向上することが難しい時代となってきました。サラリーマンで収入を増やすためには転職、副業が必須となり限られた時間で如何にお金を増やすことが重要となってきます。

 

これは意外と難しと個人的には考えており、お金に対するマインドが高くないと人間は行動へ移ることが出来ないと思います。ただこの一歩がとても重要でチャレンジ出来るかが今後の人生を変えるかもしれません。そこで躊躇してしまうとその一定のレベルで妥協した人生を送ることとなるでしょう。私はこのマインドが一番恐れています。

 

ただ、節約は誰にでもでき比較的簡単でかつ身についてしまえば継続的に支出を抑える事ができるためかなりインパクトがあります。それには政府が定める減税処置を知り実行するだけです。

 

ふるさと納税は住民税の前払いなので実質は減税ではありませんが、返礼品の使い方により生活コストを下げることができるため、結果的に手元に残るお金が増える事となります。

私の周りの職場、家族、友人等はふるさと納税を活用すらしておらず、むしろ理解していない方々ばかりで非常に勿体ないと感じており、この制度が何十年と続けば節約効果だけでも何十万、何百万もの差が生まれるわけです。

 

他にもNISAやイデコ、住宅ローン減税、扶養控除といったもろに節税効果が高い制度をガンガン利用し少しでも自分が得する事を考えましょう。

 

節約のきっかけはなんでもOKだと思います。まずは行動し効果を実感できれば興味を持ちそれについて勉強するようになります。そうなれば節約の幅が広がり結果的に手元に残るお金が大幅に増える事となりますので、まずは行動することが重要だと思います。

私が最終的にたどり着いた先は家賃光熱費負担の会社に入社したことです。

月4万位で生活でき、残ったお金を株につぎ込み配当金の増加により最終的に生活向上を目指しています。