サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

本気で2000万円作る方法。

f:id:black567:20190618011029p:plain

私は2年程前に上場企業から中小企業へ転職をし年収アップに成功することが出来、年間約500万円でアメリカ株式を全力買いしています。

これを4年間続けると2000万円の元本を作ることが可能となり政府の掲げる老後資金の目安をクリアすることが出来きます。

何も特殊スキルが無い私でも平均年収以上を稼ぎ出した過程を説明します。

 

給与の高い会社に転職するか家賃補助の会社に転職する。

まず、自身の年収がどの位か把握することが重要で平均年収を必ず上回る必要があります。なぜならば平均値=周りと同じでは2000万円という大金を作り上げるのにかなりの年数がかかるためです。皆と同じ事をやっていても大幅に上回る事が出来ない為。

 

特殊スキルが無くても高い賃金を提示してくれる企業はたくさんあります。

たとえば、本当に誰もやりたがらない仕事や夜勤業務がある仕事など通常の生活リズムでない環境で働くことが重要となります。

 

そして、家賃補助がある会社であればかなり理想ですね。

家賃、光熱費に関しては生活費の比重が一番大きく、ここを削ることにより通常より遥かにお金が貯まる環境が整います。

 

副業を行い月5万円稼ぐ。

まず本業の業務をしっかりと覚えましょう。大体1ヶ月位を目安にし2ヵ月目あたりから副業するアルバイトを探します。手っ取り早く稼ぐにはアルバイトが一番簡単であり、時間を売るだけなので誰でもできます。

 

私は一日1時間のアルバイトで月5万円程稼いでおり、単純労働、深夜業務、短時間という条件が私の中では重要ワードです。

自身にあった生活スタイルの中の隙間時間に合わせたアルバイトを見つられるかがポイントとなり、この副業で得た収入はとても重要で年間60万円。副業するだけで平均年収を越せる可能性があるので、まずは副業を始めて年収を上げましょう。

 

また、副業をすることにより、私は良い副産物を見つけることが出来ました。

それはお金を稼ぐ事がいかに大変でお金に対する考え方が変わり、無駄な支出がかなり減りました。本業で汗水垂らして得たお金と副業で更に汗水垂らして得たお金そう簡単な気持ちで使うことを躊躇します。

 

節約を心がける

固定費の見直しをしましょう。まずは携帯電話、大手キャリアから格安SIMに変えるだけで月数千円何もせずに節約することができますし、食事のお米はふるさと納税の返礼品を利用し殆どタダで貰うことが出来ます。

 

無理な節約は長続きしませんので代替品やふるさと納税のような制度をうまく利用することにより特に困ることもなく気づくと月々大幅な固定費の削減が可能となります。

 

ここまで

私は毎日新聞記事を読んでおり、年金問題についてネガティブな記事が多く全年齢層でそのんな大金確保できないといった街角インタビュー的な記事が目立ちます。

 

また、積み立てNISAやイデコの特集が多く載っており何十年かけて2000万円を作り出す特集なども良く掲載されておりますが20年~40年後なんて正直わかりません。

 

そんな長い年月ひたすらコツコツ運用できる人こそ限られると思っていますので、私は出来る限り最短でより多くの収入を得て運用することが一番お金を増やす方法だと確信しています。元本が大きければ得られる金額も比例して大きくなるからです。

 

投資資金を作り出すのも自助努力に過ぎません。