サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

個人投資家増加中

27日付けの日経新聞に個人投資家増加中という記事が載っていましたので紹介します。

f:id:black567:20190616195501p:plain

東京証券取引所などが26日に発表した内容によると、2018年度の金額ベースにて個人保有比率が17.2%と3年ぶりに上昇したとのこと。

 

若年層の投資が拡大しており、少額でも投資ができるサービスの普及とNISAやイデコの浸透により少しずつ投資家が増えているようです。

ただ、外国人投資家は18年は29.1%と6年ぶりに低水準となっており、日本市場から資金が撤退しているとのこと、日経平均の上昇は外国人投資家マネーによる比率が多い為今後、日本市場が冷え込むことも懸念材料としてあるようです。

 

企業に投資することにより企業の業績を調べたり、世界情勢も調べたりと勉強をすることが多くなり結果的に自身の成長に繋がるのではと思いますしなにより面白いので今後、投資家が増えることに期待です。

 

NISA(一般・積み立て)口座数

f:id:black567:20190628011156p:plain

NISA(一般・積み立て)の口座を保有数は人口対比で約10%程です。

年代別に見ますと一般NISAの口座数は50代~70代が圧倒的に多く、余剰資金もあり給与所得も一番高い年代のため投資に回せるお金も多いのでしょう。

 

逆に若年層の20代~40代の一般NISA口座数が低く、積み立てNISAの普及率が多い傾向となっています。

積み立てNISAは年間40万を20年間決められた投資信託で運用すること目的とし長期投資によって利益を最大化することを目的とした投資です。

 

積み立てで自動に決められたサービスに毎月3万3000円ほど投資するだけなので少ない金額で手軽に行えるのも魅力の一つです。

 

最近の話題で年金2000万問題など金融庁が独自で試算した結果を発表して問題となっておりますが、どうにもNISA、イデコの拡大をすすめるため、国民の不安を煽って口座数拡大を狙った戦略的な発表だったのではと思ってしまいます。

 

2000万円形成するのはとても大変で投資で達成できる保証はないため、しっかりと稼ぐ力を身につけ、余剰資金で投資も行うことが重要です。