サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

ダウ、S&P500最高値更新

FRBの7月利下げ観測によりダウ、S&P500が最高値更新しました。

 

世界的に景気減速傾向にあり、ECBのドライ総裁も追加の金融緩和を行うと先月発表してますし、中国も景気衰退気味、そしてアメリカも景気減速対策として7月に0.25%~0.5%の利下げを予定しているとのことです。

 

f:id:black567:20190621181554p:plain

S&P500終値で2.954.18ポイントで最高値更新。

6月初旬に2750ポイントまで下落してその後最高値と市場の回復速度が速すぎますね。

 

f:id:black567:20190621181900p:plain

こちらはダウ、終値で26.753.17ドルで最高値更新。

こちらもV字回復であっさりと最高値更新。

 

株高の背景には利下げにより、利回りの高い株式市場に資金が流れ株高になるという流れ。ただし、ドルの利回りが下がる為、ドルは売られドル安になる。

f:id:black567:20190621182706p:plain

こちらはドル円チャート

綺麗な右肩下がり、利下げ観測により今のところ上がる気配はなく104円台目指す展開にも見える。日本企業の為替想定レート110円設定が多い為、今後の業績に影響だ出る可能性もありうる。

今年中に100円目指すなんて予想も出ており、「まさかそこまで」と思っていましたが案外射程圏内になってきそうな相場になってきました。

104円切るような事があれば少し拾ってみようかと。

 

中国とアメリカの貿易追加関税の進展もなく、イラクの無人探索機撃墜事件と市場にとっては不安要素満載で難しい相場ですが結局、アメリカは好景気で金余りにより市場に流れているため今回のように最高値更新となったわけで、リーマンショック時のような悲壮感は全くなしだと思います。

トランプ大統領も再選出馬表明し株安だけはなんとしても阻止したい為、今後も株高相場続く可能性が高いと思います。

 

最近株高で買いたい銘柄が高すぎて保留していますので、個人的にはプチ暴落位来てほしい所です。