サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

投資

高配当米国株式投資を始めて2年経過、もしS&P500指数に全額投資していたら

2018年~2020年の資産推移 【くろちゃん口座】 高配当米国株中心としたポートフォリオ 【S&P500】 S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数 【比較図】 くろちゃん口座の資産額が15万ドル。(配当金含む) 対してS&P 50…

ARCCから配当金受取と全NISA枠でARCCを購入した場合を想定

2020年一発目の配当金はARCC 現在のARCC保有数は168株で特別配当を含めた配当額が0.42ドル。 ARCCはNISA枠なので税抜後63.5ドルの配当金を受取りました。現在の為替レートで日本円に変えると約7,000円となり圧倒的高配当利回り銘柄のため、一度の手取り額の…

お年玉平均支出額と支払い方法

お年玉平均支出額は2.6万円 日経新聞によりますとお年玉の平均支出額は26,266円と前年調査した金額とあまり変わらない結果となりました。 相場の平均で見ると、 小学生低学年が3,000円 小学生高学年が5,000円 中学生が5,000円or10,000円 増税や社会保障負担…

近い将来エネルギー革命が起こる?

次の革新的な発明は宇宙エネルギー 2008年にIphone3が発売され、瞬く間にIT革命が世界中へ広がりました。 スマートフォンを用いて簡単にインターネットを利用することでより生活の質の向上とコミュニケーションを簡単に取れるようになりました。 また、その…

11月の購入銘柄と今後の投資戦略

各国の問題解消により全世界株高傾向へ 米中貿易交渉とイギリスのEU離脱にようやく進展がみられ、安心感から全世界的にリスク資産へお金が動いています。 日経平均も今年最大の上げ幅598円高となり年初来高値の2万4023円を付けています。 ダウ、S&P500とも高…

【公開】NISA口座の累計損益を確認してみる

一般NISA口座の運用成績(2017年~2019年) 一般NISA口座を開設、開始した年は2017年からとなり今年で3年目になります。 NISA口座は得た配当金や利益が非課税となる反面、損失通算が出来ないため運用に難しい特性を持ちます。 3年間の運用状況は以下の通りで…

【超高配当株】ロシアの通信事業会社モバイルテレシステムズ【MBT】がちょっと気になる

ロシアの電気通信事を行い配当利回りは驚異の9%越えの株 ロシアのテレビ通信事業、固定回線事業、モバイル通信事業を主に行っており通信事業ということもあり、比較的超高配当の割にビジネスとしては安定ている印象です。 【基本データ】 モバイル・テレシス…

累計受取配当額5000ドル突破、投資の重要性を実感すると共に周りを見ることが勉強になる

外国株投資を始めて2年目で配当額5000ドル突破 2018年の1月から外国株投資をスタート。4月に最初の配当金を受取り、2019年11月に受取配当額(税抜後)5000ドルを突破しました!! 日本円で54万円(1ドル108円計算)を配当金で獲得し、なんら手間をかける事も…

仕事が忙しいので資産運用は自動で行う

仕事が忙しくなればなるほど価値が研ぎ澄まされてくる。 ずばり、それは株式運用です。 私の場合は、毎月数回の買付を行う程度の作業で配当金が振り込まれます。今やこの買い付け作業自体も自動化されたサービスの登場により完全自動化で株式運用できる時代…

ポイント投資始めました【楽天ポイント】

楽天ポイント投資を利用しポイントのみで積み立て投資をする 楽天証券では楽天ポイントで投資が出来るサービスがあり、国内現物、積み立て投資など様々な投資商品にポイントを利用することが可能です。 消費行動で貯めたポイントを消費で利用するのではなく…

【対策】配当課税25%に見据えた投資戦略

財務省は配当課税25%を提案している 20年度の税制改正で財務省が配当課税+5%を目論んでいるようですが、なんとか回避できる模様です。 現在は地方税と所得税に災害復興税が加わり20.315%が徴収されていますが、これが25.315%になると資金効率が悪くなる他に…

ARCCから配当金受取とMO購入

ARCC株保有数168株の配当額0.42ドル(特別配当含む)なので税抜後63.50ドルの配当金を受取りました。日本円で6,700円程となり、副業で行っているバイト約4日分になるため配当金の効率性を非常に感じることが出来ます。 また、ARCCはNISA口座なので手取り額の…

10月の米国株買い付け予定

候補は3銘柄 アルトリア【MO】 BP【BP】 3M【MMM】 第一候補はアルトリアで配当利回り8.3% ・世界的にESG投資を好み、相反するアルトリアは投資対象外とされ投資家離れ。 ・電子タバコJUUL健康被害が問題となっており各国が規制を表明。 ・電子タバコJUUL、…

アルトリアと合併断念したフィリップ・モリス【PM】業績

F1フェラーリチームのタイトルスポンサーでもあるフィリップ・モリス、年間スポンサー契約金は180億円程と言われておりますが、タバコ広告は禁止されているので 「mission winnow」というキャッチフレーズ広告を掲げています。 各国のタバコ事情により、キャ…

増配記録46年ペプシコ【PEP】の業績

世界200ヵ国で飲料、食品の製造販売を行う売上世界第2位の食品会社のペプシコ。 主な主力商品は6つあり、飲料、お菓子、シリアルで構成されています。 ・ペプシ・トロピカーナ・ジュース・フリトレー・ゲータレード・クエーカーオーツカンパニー・マウンテン…

【超高配当株】アルトリアグループ【MO】配当利回り8%達成

タバコ大手のフィリップモリスをスピンオフして誕生したアルトリアグループ。 ここ数年、株価は下落をし続けており配当利回りはついに8%台に突入しました。 要因としては ・JUUL、マリファナ大手クロノス出資への多額債務 ・年々減少するタバコ販売量 ・健康…

増配歴42年!庶民の味方マクドナルド【MCD】の業績

世界100ヵ国以上に約37000店舗を保有し、主力標品のハンバーガーの調理、販売を行っている巨大ファーストフード企業になります。 連続増配歴42年を誇り、株価も常に上昇し続けておりましたが、日足のチャートを見ると長期線を割り込み下落しそうな雰囲気…

タバコ株の下落が止まらない、超高配当株へ変貌したので買い増し予定

MOとBTIの買い増し検討する この2年間でタバコを取り巻く環境がより厳しくなり、株価下落に歯止めがかからない状態となっています。タバコ株だけリーマンショック級の下落率を誇り、ただでさえ高配当の株が超高配当株になっています。 特に直近ではMOの下落…

NISA口座保有株の状況【米国株と日本株の比較】

NISA口座の米国保有株一覧 6銘柄の保有となり、金額にして約150万程になります。 ABBV以外に関しては特に問題もなく堅調に推移しています。ABBVに関しては購入からすぐにアラガン買収が発表され大きく下がる結果となってしまいました。 しかし、現在の損益合…

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】のその後

JNJその後の株価推移 JNJをスィングトレード目的で購入してもうすぐ2カ月が経とうとしています。 現在の状況が下記の通りとなっています。 購入日が7月16日で購入価格が1株135.1ドルの17株購入。 気になる評価損益は‐5.14%で円計算で1万3千円程の損失となっ…

F1スポンサー企業を応援したい!配当も貰いたい!夢を叶えるアメリカ株。

自動車レース最高峰のF1には巨額マネーをスポンサーとして投じる企業がいくつもあります。年間額にして数億~数百億に上り、コース上の戦いだけではなく、各企業のアピールの場でもあります。 そんなF1スポンサーと高配当銘柄には意外と共通点があり、保有し…

【飲みすぎ注意】一日一本、元気の源コカ・コーラ【KO】業績

コカ・コーラを含む清涼飲料水の販売を世界中で行っている巨大飲料会社です。 同社は500種類以上の商品ブランドを保有しており、ブランドの販売、製造を行っており、コカ・コーラの原液から製品を製造するボトラー事業と原液の製造と製品企画等の経営に関わ…

AT&T【T】の株価が回復傾向。

私のポートフォリオの約14%を占める通信会社のAT&Tさん。最近の株価が堅調に推移しており、お陰様で含み益+配当金で理想的な資産推移となっています。 アメリカ株で初めて保有した銘柄がAT&Tでもあり、とても馴染みのある銘柄となっており、特定口座とNISA…

セミリタイアを目指すために投資戦略。

セミリタイアを目指すための投資戦略は以下の通りです。 毎つの給料から25万円分の米国株を買う 年間配当金144万が目標。(内年間配当金100万程を高配当で固める) 現金の比率を増やす。 1.毎月の給料から25万円分の米国株を買う 本業+副業で稼いだ給料の約…

【キケン】JTの裏株主優待で愛煙家にされる危険性あり。

日本たばこ産業【JT】は連続増配銘柄の高配当と食品等の株主優待がありますが、昨年(2018年)から裏株主優待として同社がシェア拡大に向けて血眼になっている、加熱式タバコのプルームテックの本体を20歳以上の株主に無料で配布しています。 流石に正式な優…

BPカストロール【5015】第2四半期報告書を見てみる。

BPカストロール株式会社とは? BPカストロール株式会社は英国の石油ブランドBPp.l.cが持つカストロールブランドとBPブランドの自動車用潤滑油等を日本市場で製造、販売を手掛ける企業です。 カストロールリミテッド社が株式の半数を保有しており、配当性向が…

保有株のセクター比率

タバコ 46.4 通信 14.22 医薬 12.14 電力 10.94 石油 5.4 金融 4.07 食品 3.02 IT 3 自動車 0.79 米ドル 0.02 ※赤字表記は含み損、黒字表記は含み益。 セクター比率トップは断トツでタバコよ タバコは嫌いですがタバコ株は大好きです。 JT、MO、BTI、PM主要…

ロイヤルダッチシェル【RDS.B】新規購入

ロイヤルダッチシェルを新規で44株購入しました。 石油価格の下落に伴い石油関連株は軒並み下落のしており、配当利回り7%近くに達しており以前から石油株比率を少し上げたいと思っていたため今回の新規買い付けとなりました。 また、同社は次世代エネルギー…

超高配当銘柄ARCCの配当金推移から安全性を確かめる。

ARCCとはBDC(Business Development Companies(ビジネス ディベロップメント カンパニーズ)の略で将来有望である中小企業や上場企業への融資、事業開発、サポートを行う事業です。 その中でもARCCが最大手となっており、配当利回りは8~10%となっておりハイ…

増配歴64年のアメリカン・ステイツ・ウォーター【AWR】

配当増配歴64年を誇る日本では信じられないほどの記録を持つアメリカン・ステイツ・ウォーター。 同社はカリフォルニア州で水の生産、供給を行っている公益事業会社です。 他にも電気事業の送電、契約業務も行っており、水道事業と合わせた3つのセグメントか…