サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

台風によるインフラファンド投資のリスク

天災リスクが最大の敵 インフラファンドへの投資に対して、天災リスクが未知数な点があります。 2017年に上場し、その後は運よく大きな天災に見舞われることなく現在に至っています。 しかし、天災による設備や発電のダメージを図る機会が無かった事で、天災…

インフラファンドの特徴

①ディフェンシブ銘柄である。 コロナショック時の下落も限定的で、翌月には株価回復傾向で推移。 反面、株価上昇によるキャピタルゲインは期待できず、分配金を積み重ねるインカムゲインの特性が強い銘柄です。 【9283】日本再生可能エネルギーインフラ投資…

インフラファンド買ってみた

インフラファンドに投資 インフラファンドとは【J-REIT】の太陽光発電版になります。 市場で売買でき、電力固定買取価格制度(FIT)が設定されているため、収益も非常に安定しているのが特徴です。 また、上場しているファンドは全7社とまだまだ認知度は低い…

VYMを購入して分かったこと。

配当金でVYMを10株購入してみた 8月の受取配当金を全てVYMに捧げました。 2019年のVYM年間支払い配当額が2.8418ドルなので今回の購入数で計算すると手取り額面で年間20ドル程の配当金が生み出される予定です。 年間受取配当金を突っ込めば、再投資だけで年間…

2020年8月の受取配当金

配当額、過去最高更新 【8月配当金一覧】 口座 銘柄コード 数量 受取金額(税抜後) 特定 BTI 488 265.97 特定 UNM 112 22.91 特定 NGG 100 158.79 特定 PBCT 216 27.9 特定 ABBV 112 94.79 NISA ABBV 29 30.8 特定 T 281 104.81 特定 VZ 84 37.06 NISA T 147…

米国株高配当投資を始めて分かった事

米国高配当投資を始めて3年目にして、この投資スタイルで分かったこと5つを紹介します。 ①配当金の増加速度は凄く遅い事 ②暴落しても増配する企業の方が多い事 ③大きく稼ぐ事は難しい ④商品を見る目が変わる ⑤節約志向になる ①配当金の増加速度は凄く遅い事 …

VYMの配当利回り推移

配当利回り4%越え局面は滅多にない買場チャンスだった? 【2020年1月~8月のチャート】SPYDとの比較 <画像元:ETFreplay.com> 2020年のVYM配当利回りは市場平常時で3%で推移しているのが分かります。 ちなみに現在の配当利回りは3.5%程、そしてコロナショ…

今後の株式投資

VYMのみ買い付けする 【VYMを選ぶ理由】 ①銘柄の分散 ②保有したい銘柄が揃っている ③高い成長性 ④運用の手間を減らす ①銘柄の分散 金融 18.9% ヘルスケア 15.1% 消費財 13.4% テクノロジー 10.8% 資本財 9.9% 公益 8.8% 消費サービス 8% 石油ガス 6.8% 電気…

【MO】連続増配51年に更新

アルトリアグループ【MO】の増配率は2.38% 次回(10月支払い)の配当金から増配が決定しました。 配当額は0.84$⇒0.86$へ2.38% 年間配当額は3.44$ 今回の増配により【MO】からの受取配当額は約24$増加へ(特定・NISA口座) 但し、増配率は年々低下しており高…

2020年7月の受取配当金

減配銘柄無し、安定していた7月の配当金 【7月配当金一覧】 口座 銘柄コード 数量 受取金額(税抜後) 特定 SYY 23 7.44 特定 PM 256 231.53 特定 PM 256 6.47 特定 MO 315 189.78 NISA GSK 35 16.33 NISA MO 16 12.1 NISA INFY 20 2.05 特定 KO 58 17.07 NIS…

コロナ禍でも増配が基本でしょ!増配額を調べてみた。

2020年の増配確認銘柄は7銘柄 現在、日本株、米国株を含め全25銘柄を保有中。 そして、2020年に増配を確認できた銘柄は7銘柄。 (購入後の増配銘柄は含めず、ED、PBCT、SYYとか) 増配率のトップは【ABBV】で10.28%、続いて【JNJ】が6.3%です。 その他銘柄は…

【第2弾】~配当金の再投資先選定~

配当金の再投資はゼロリスクなので楽しみながら投資ができる 何もせずとも生み出されるお金(配当金)を利用しゼロリスク投資を行います。 失っても良いお金(精神的ダメージが低い)という性質上、面白そうな銘柄や好みの銘柄に投資できるのも配当金の良い…

【祝】累計受取配当金100万円達成

米国投資3年目にして累計配当金100万円。 【累計配当額】 7月に入りARCCからの配当入金があり、累計受取配当額100万3098円になりました。見事100万円を達成です。 ここまで要した年数は2年半くらい。 米国株式投資を始めて初めて受取った配当金が【BP】から…

2020年の半年投資額を確認

2020年6月までの投資額は260万円 投資の原資となるお金は、給与からの入金額と配当金の再投資の2つになります。 また、為替・買付手数料含む(約13,000円)を含んだ数字です。 手数料は全体で0.5%程度とかなり割安になってきたと感じます。 【投資先内訳】 …

ペプシコ株VSコカ・コーラ株どちらが良いか。

株式保有するならどっち? ペプシコとコカ・コーラ両社とも超巨大企業で長期投資を行う上で必ず保有したい銘柄です。 両社とも、連続増配年数は記録的な年数を誇り、今後も間違いなく増配し続ける銘柄であると言えます。 しかしより多くの配当金(株主還元)…

2020年6月の受取配当金

RDS.Bの減配が効いた 【6月配当金一覧】 口座 銘柄コード 数量 受取金額(税抜後) NISA 7261 100 2,000 特定 RDS B 69 17.62 NISA RDS B 47 15.04 特定 BP 88 43.85 特定 ED 30 16.48 特定 IBM 22 25.73 NISA XOM 76 59.51 特定 JNJ 17 12.33 特定 SO 107 49.…

軍事銘柄3社比較

米国の国防予算は80兆円越え、潤沢な予算で潤う軍事銘柄3社 米国の国防予算は世界1位で80兆円を超えます。 2021年の国防予算全体では前年対比で減少となっていますが、国防基本予算は依然、右肩上がりで上昇中。 なので、軍事予算で潤う軍事会社3社を比較し…

株価下落中のユーナム・グループ 【UNM】

ユーナム・グループ【UNM】とは 米国と英国で生命保険等の保険業を行っている会社です。 今回、目を付けた理由は同社の株価はコロナショックにより30ドル台から10ドル台へ大きく下落して、現在も比較的安値圏を推移しています。 また下記5点が魅力だったので…

【永久保有可能】連続増配50年以上の銘柄2選

連続増配50年、配当性向30%以下の銘柄 連続増配を永久的に行ってくれそうな銘柄2選です。 コロナショックで一番のダメージが保有銘柄の【減配】【無配】へ転じる事でした。保有する銘柄でダメージを食らったのが ・RDS.B【66%減配】 ・WBK【無配】 上記2銘柄…

【超高配当】ちょっと保有したい、メイン・ストリート・キャピタル【MAIN】

メイン・ストリート・キャピタル【MAIN】 BDC(ビジネス・デベロップメント・カンパニー)のメイン・ストリート・キャピタルの紹介です。 BDCとは、未上場の中小企業などに投資、融資を行い利益の90%以上を分配する形で法人税の優遇を受ける事ができ、その…

【超不人気】大丈夫なの?タバコ3社比較

高配当銘柄のタバコ株3社 健康や環境を取り組んだ投資先の選定、規制が付き物で将来不安視されているタバコ3社を比較してみたいと思います。 比較する銘柄は下記3社 ①アルトリアグループ【MO】 ②フィリップモリス【PM】 ③ブリティッシュ・アメリカンタバコ【…

【米国企業】電力会社5社比較してみた

気になっている5社を選択 ①コンソリデーテッド・エジソン【ED】 年間配当金 3.06ドル 配当利回り 4.2% ②サザン【SO】 年間配当金 2.56ドル 配当利回り 4.5% ③ドミニオン・エナジー 【D】 年間配当金 3.76ドル 配当利回り 4.5% ④デューク・エナジー 【DUK】 …

【超高配当】ARCCの株価復活中

ARCC株価回復中 コロナショックの中、底値8ドルを付けて現在は15ドル台とV字回復しています。 金融銘柄とあって、暴落にもの凄く弱い反面、急激な回復となっているのも印象てきです。 リーマンショック時と比べると2番底の可能性も有りそうですが、最大下落…

【爆損中】4年目のNISA口座状況

現在の口座状況はマイナス51万円 コロナショックの影響により累計損益が̠−51万5905円(配当金含む)と拡大中です。 これでも株価は戻した方とは言え、ショック前は累計損益はプラス推移だったので、相場の下落が相当なものだったと言えるでしょう。 【年別取…

2020年に保有したい新規銘柄

3Mを新規保有したい。それと選択した理由 保有したい新規銘柄として3Mを選んだ理由は主に以下の4つ ①増配の安心感(連続増配61年の歴史) ②配当利回り常時4%台 ③増配(増配率含む)と自社株買いによる株主還元企業 ④受取配当月3月、6月、9月、12月 ①②③は業…

2020年5月の受取配当金

過去最高額更新 【5月配当金一覧】 口座 銘柄コード 数量 受取金額(税抜後) 特定 BTI 488 247.88 特定 ABBV 112 94.81 特定 PBCT 133 17.19 NISA ABBV 29 30.8 特定 T 281 104.82 特定 VZ 38 16.78 NISA T 147 68.8 特定 MO 315 189.78 NISA MO 16 12.1 5月…

【業績比較】通信株のAT&Tとベライゾン

【長期保有】【連続増配】【高利回り】この3つが主軸の投資 通信株は【高配当】【連続増配】【高利回り】であり、配当目的の株式投資を始めるにあたりポートフォリオの一角に入れたい銘柄でもあります。 世界的な景気低迷時にも上記3点の主軸が失われにくく…

【トラリピレポート】5月第1~2週目

5月も出だし好調 4月の末から決済回数を10回伸ばし合計決済回数は153回となりました。 週前半からカナダドル74円台に突入する場面がありましたが、後半に失業者数の予想を下回ったこともあり76円台に戻して終わりました。 その間にトラリピが上手く起動し確…

【驚愕の金額】4月の生活

月の生活費37,800円で過去最低を記録 コロナの影響により仕事が超絶忙しく、職場と家の行き来だけという生活が続いた結果、月の生活費4万円以下というよくわからない支出となりました。 仕事の拘束力が酷く、刑務所レベルを超える自由の無い日々が招いたこと…

2020年4月の受取配当金+トラリピ収益

昨年対比で70ドルUP+トラリピ収益 【トラリピ4月の収益】 4月のトラリピ収益は7,603円(スワップ含む)で終えました。 元金が30万円なので単月2.5%の利益率で4月も中々良い成績で着地しました。 ただし、円高傾向で含み損も抱えています。 【4月配当金一覧…