サラリーマン投資部部長くろちゃんブログ

労働収入から資産収入へ変え人生100年時代を考えるブログです。

台風によるインフラファンド投資のリスク

天災リスクが最大の敵 インフラファンドへの投資に対して、天災リスクが未知数な点があります。 2017年に上場し、その後は運よく大きな天災に見舞われることなく現在に至っています。 しかし、天災による設備や発電のダメージを図る機会が無かった事で、天災…

インフラファンドの特徴

①ディフェンシブ銘柄である。 コロナショック時の下落も限定的で、翌月には株価回復傾向で推移。 反面、株価上昇によるキャピタルゲインは期待できず、分配金を積み重ねるインカムゲインの特性が強い銘柄です。 【9283】日本再生可能エネルギーインフラ投資…

インフラファンド買ってみた

インフラファンドに投資 インフラファンドとは【J-REIT】の太陽光発電版になります。 市場で売買でき、電力固定買取価格制度(FIT)が設定されているため、収益も非常に安定しているのが特徴です。 また、上場しているファンドは全7社とまだまだ認知度は低い…

VYMを購入して分かったこと。

配当金でVYMを10株購入してみた 8月の受取配当金を全てVYMに捧げました。 2019年のVYM年間支払い配当額が2.8418ドルなので今回の購入数で計算すると手取り額面で年間20ドル程の配当金が生み出される予定です。 年間受取配当金を突っ込めば、再投資だけで年間…

2020年8月の受取配当金

配当額、過去最高更新 【8月配当金一覧】 口座 銘柄コード 数量 受取金額(税抜後) 特定 BTI 488 265.97 特定 UNM 112 22.91 特定 NGG 100 158.79 特定 PBCT 216 27.9 特定 ABBV 112 94.79 NISA ABBV 29 30.8 特定 T 281 104.81 特定 VZ 84 37.06 NISA T 147…

米国株高配当投資を始めて分かった事

米国高配当投資を始めて3年目にして、この投資スタイルで分かったこと5つを紹介します。 ①配当金の増加速度は凄く遅い事 ②暴落しても増配する企業の方が多い事 ③大きく稼ぐ事は難しい ④商品を見る目が変わる ⑤節約志向になる ①配当金の増加速度は凄く遅い事 …

VYMの配当利回り推移

配当利回り4%越え局面は滅多にない買場チャンスだった? 【2020年1月~8月のチャート】SPYDとの比較 <画像元:ETFreplay.com> 2020年のVYM配当利回りは市場平常時で3%で推移しているのが分かります。 ちなみに現在の配当利回りは3.5%程、そしてコロナショ…

今後の株式投資

VYMのみ買い付けする 【VYMを選ぶ理由】 ①銘柄の分散 ②保有したい銘柄が揃っている ③高い成長性 ④運用の手間を減らす ①銘柄の分散 金融 18.9% ヘルスケア 15.1% 消費財 13.4% テクノロジー 10.8% 資本財 9.9% 公益 8.8% 消費サービス 8% 石油ガス 6.8% 電気…